オイリー肌と日焼け止め

オイリー(脂性)肌,日焼け止め

 

オイリー肌だと日焼け止めをつけるのがおっくう、てかったりメイクが崩れそう、そういう心配が出てきますよね。

 

ですが、いまやすっぴんでいると 紫外線の影響でシミやシワができやすくなってきます。

 

オイリー肌とは別に こういったお肌の問題も抱えるとなると辛いものがありますよね。

 

さらに、紫外線はお肌にとって刺激となります。

 

刺激により さらに皮脂が分泌されてオイリーになることもあります。

 

そうならないためにも オイリー肌の方は是非 日焼け止めを活用したいものです。

 

 

最近は技術の進歩により、以前よりも よりべたつきくく さらっとした使用感の日焼け止めが増えています。

 

そういったタイプのものでも 透明のジェルタイプのものもありますので、白浮きもしにくく 家族全員で使えるものもあります。

 

ニキビができやすい、肌荒れしやすい方でも使いやすい処方の日焼け止めもあります。

 

ですので 新しいものをどんどん試してみることをおすすめします。

 

 

日焼け止めは塗り直しが必要

 

オイリー(脂性)肌,日焼け止め

 

日焼け止めがあまり好きでないというオイリー肌の方は、朝日焼け止めを塗ってそれっきり塗り直さない、という方も多いかもしれません。

 

実は日焼け止めは数時間置きに塗り直さないと紫外線をブロックする効果を発揮してくれません。

 

ですので 外出時などは日焼け止めを持ち歩き こまめに塗り直すようにしましょう。

 

汗や皮脂などが気になる時には ティッシュで軽く押さえてから 塗り直しましょう。

 

 

日焼け止めで気を付けたいのが、クレンジングで落とす必要があるタイプのもの。

 

ここで強すぎるクレンジング剤を毎日使ってしまうと お肌にとって負担となり皮脂が出やすくなる原因になります。

 

お肌に優しいクレンジングを使うか、あるいは洗顔料で落とせるタイプの日焼け止めを使うようにしましょう。

 

 

日焼け止め代わりにもなるファンデーションを活用

 

オイリー(脂性)肌,日焼け止め

 

女性でしたら、メイクをする前に日焼け止めをする方が多いと思います。

 

この手間が面倒だし、メイクが崩れやすくなっている気がする・・・という方もいると思います。

 

最近では UVカット機能の付いたファンデーションも多く発売されています。

 

そういったものを活用することで 日焼け止めを使わずに済みます。

 

また、メイク直しをする際に UVカット効果も復活しますので 日焼け止めを塗り直すような手間が省けます。

 

オイリー肌の方は オイルフリーのファンデーションを選ぶようにしましょう。

 

日焼け止め効果をさらに期待するのでしたら、パウダータイプ、もしくは微粒子入りのリキッドファンデーションがおすすめです。

 

これは 粉の粒子が光を乱反射してお肌をキレイに見せてくれるだけでなく、紫外線もはね返す効果があるためです。

 

夏場などは より軽く使える パウダータイプのミネラルファンデーションなどもおすすめです。

 

 

ファンデーションも日焼け止めと同様に 落とす際に強すぎるクレンジングでお肌を傷めてしまうことがありますので気を付けましょう。