オイリー肌とニキビ

オイリー肌だと ニキビができやすい、そういう印象がありますよね。

 

ニキビができる原因はさまざまです。

 

ですが、お肌がオイリーなことだけが ニキビの原因ではありません。

 

実は お肌が乾燥していてもニキビはできてしまいます。

 

ニキビは 毛穴に皮脂の汚れがつまったり、古い角質がつまり炎症ができることが原因です。

 

皮脂の汚れによるニキビは 10代のお肌に出やすく、いわゆる思春期ニキビと呼ばれているものです。

 

20代後半以降にできるニキビの場合、古い角質によるものが大半です。

 

つまり 20代後半以降の方は オイリーであること イコール ニキビができる、というわけでもなくなってくるのです。

 

とはいっても 皮脂の分泌が多いということは それだけ毛穴に皮脂がつまりやすいので 注意が必要です。

 

毛穴汚れを落とすこと、そして皮脂の過剰な分泌を防ぐために保湿をしっかり行うこと、これが重要です。

 

また、オイリー肌の方は 毛穴に負担になるようなファンデーションは避けることをおすすめします。

 

パウダータイプのもの、あるいは最近でしたら より軽い感触のミネラルファンデーションなどもありますので こういったものを活用してみるようにしましょう。

 

 

 

ニキビをつくってしまう要因

 

オイリー肌化粧水

 

ニキビ、特に20代後半以降にできるものは大人ニキビと呼ばれています。

 

この大人ニキビには 様々な要因があります。

 

睡眠不足や 仕事などでの心身のストレス、そしてホルモンバランスなどにも 私たちのお肌は大きな影響を受けます。

 

そして 食べる食事の栄養も重要です。

 

バランスの悪い食生活が 毛穴の詰まりなどが起こりやすい肌にすることがあるためです。

 

健やかなお肌をつくる成分となるビタミン類が極端に少なかったりすると お肌の代謝も悪くなってゆきます。

 

肌代謝が悪くなることで 古い角質がお肌に残りやすくなります。

 

そしてその古い角質が毛穴に入り込むことで 大人ニキビができやすくなってしまいます。

 

どうでしょうか?

 

食生活で思い当たるところがあれば まずは見直してみることをおすすめします。